FNSのミュージカルにいらないの声!なぜ多い?理由は視聴率と口パク?

『FNSうたの夏まつり』や年末の『FNS歌謡祭』に、近年ではJ-popだけでなく、ミュージカル舞台役者もパフォーマンスを披露しています。

FNSのミュージカル企画について好評な感想も多い中、「いらない」という声もありました。

FNSのミュージカル枠はなぜあるのでしょうか?理由を調べてみると、FNSの視聴率と、口パクなどが原因ではないかと思われます。

スポンサーリンク

FNSでミュージカル企画が始まったのは2017年

FNSのミュージカル企画が始まったのは、『2017 FNS歌謡祭』の事です。

”だいすけお兄さん”で知られる横山だいすけさんと、乃木坂46の生田絵梨花さんが、映画『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」のデュエットを披露しました。

FNSミュージカル

山崎育三郎さんや、新妻聖子さんなど豪華なミュージカル界のスターも集まり、番組全体でミュージカルを推している雰囲気がありました。

FNSのミュージカル枠が多いのはなぜ?

FNS歌謡祭などにミュージカル枠が多いのは何故なのでしょうか?

理由として

  1. ミュージカル企画の視聴率が良いこと
  2. ミュージカルの宣伝
  3. 他のアーティストの口パク疑惑

が挙げられると思います。

スポンサーリンク

FNSのミュージカル枠が多い理由①視聴率

FNSの音楽番組にミュージカル枠が設けられた最大の理由は視聴率です。

ミュージカル俳優たちが出演するようになった2017年の『FNS歌謡祭』では、第1夜の平均視聴率が13.6%で、第2夜が11.1%でした。

しかし、第1夜では横山だいすけさんと生田絵梨花さんのデュエットが16.9%、第2夜では知念里奈さんと新妻聖子さんによる『レ・ミゼラブル』のメドレーが13.6%で、それぞれの回の瞬間最高視聴率を記録しました。

FNS ミュージカル

FNSは過去には30%を超える視聴率を記録したこともありますが、近年は15%前後。

近年は『ラ・ラ・ランド』『グレイテストショーマン』など、ミュージカル映画も大ヒットし、日本でもミュージカルが浸透してきました。

生田絵梨花

生田絵梨花さんなど人気の俳優も増えているのも、ミュージカル人気を後押していると思います。

華やかさやインパクトもあり高視聴率をとれるミュージカル企画は、FNSにとってなくてはならないものとなっているのではないでしょうか。

嵐・相葉雅紀が下手なのに司会に選ばれるのはなんで?

FNSのミュージカル枠が多い理由②安く宣伝できる

FNSのミュージカル枠が多い理由として、ミュージカルの宣伝効果もあると思われます。

2019年のFNS歌謡祭では、翌2020年6月上演予定のミュージカル『ヘアスプレー』のパフォーマンスが披露されました。

FNSは注目を集めますし、ミュージカル側は大々的に宣伝できます。FNSを制作するフジテレビ側は、視聴率が見込まれるミュージカル俳優に出てもらいたいという思いがあります。

両者の利害が一致するので、フジテレビ側はギャラミュージカル側は広告費安く抑えられると思います。

FNSのミュージカル枠が多い理由③口パク

FNSのミュージカル枠が多い理由として、ほかのアーティストの口パク疑惑も考えられます。

2013年までのFNSは当時のプロデューサーの意向で、口パク禁止、生歌・生演奏で魅せる」を掲げていました。

しかしプロデューサーが変わった2014年からは、口パク事前収録を流すなどが増えてしまいました

Perfume FNS

Perfume中田ヤスタカなど歌声を加工するアーティストや、AKBなどのアイドルグループなど踊りながら歌うアーティストたちの口パクが見られました。

そのためナイティナインの岡村隆史さんは、「緊張感がなかった」と話しています。

岡村隆史 オールナイトニッポン

「去年なんか物凄い緊張感のなか、やってて凄い面白かったんですけど。緊張感があんまなかったなぁ、要所要所は面白いよそりゃ、面白かったけど…なんか、なんかちゃうねんなぁ」(岡村隆史)

引用:ナイティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン

口パクがわかってしまうと、あまり楽しめませんね。その点、ミュージカル俳優たちは生歌が仕事

岡村さんの言う”緊張感”の中で生歌を披露するミュージカル俳優たちに面白さを感じますし、ほかのアーティストの口パク疑惑を薄める効果もありますね。

スポンサーリンク

FNSのミュージカルはいらない?今後は増える?

FNSの音楽番組で「ミュージカルはいらない」という声もありますが、今後は増えることはあっても減ることはないと考えられます。

生田絵梨花さんのようなアイドルタレントに加えて、舞台出演も多いジャニーズなど、ミュージカルに活動の幅を広げるタレントは増えるでしょう。歌手であったソニンもその一人ですね!

逆にミュージカル俳優が、ドラマやバラエティ出演など、ミュージカル以外で活躍することも増えてきました。

FNS ミュージカル

そのようにミュージカルがより身近になっていくにつれ、FNSだけでなく、ほかの音楽番組でも人気の企画となり、増えていくと考えられます。

「いらない」という声もありますが、ミュージカル自体は見ていてとても面白いものです。一流のミュージカルパフォーマンスをテレビで見れてラッキーという感覚で楽しみたいですね^^

スポンサーリンク