ガウフの母は陸上競技の元スター選手?現在は家庭教師!

15歳のコリ・ガウフが2019ウィンブルドン選手権で活躍しています!最年少で本選出場を果たし、初戦で元女王ビーナス・ウィリアムズにみごと勝利しました。

快挙に沸いた観客のなかで、ひときわ目立っていたのがガウフ選手の母・キャンディさん。若くてガウフ選手そっくりなお母さんですが、実は大学のころは陸上競技の元スター選手だったことがわかりました!

そして現在は娘・ガウフ選手の家庭教師としてサポートしています!

スポンサーリンク

ガウフの母が若くてそっくり!

ガウフの母・キャンディさんが有名なのはこのシーンですね!

ガウフ選手がウィンブルドン3回戦を突破した際に、飛び上がって喜ぶガウフ選手^^ そして両手を掲げて喜ぶキャンディさん。無邪気な母娘がそっくりと話題になりました。

そんなキャンディさんはフロリダ州出身で1970年11月30日生まれの48歳!Facebook上ではこんな写真がありました。

ボートの前でポーズをとるキャンディさん。48歳とは思えないくらいのスタイルですね!

こちらはイルカと一緒に泳いではしゃぐキャンディさん。私生活でも無邪気な感じがみてとれます。

こんな写真もありました!

おそらく旅行に出かけたときにガウフ選手と撮った写真です。母娘仲がとってもいいんですね!そして姉妹のようにそっくりです^^

スポンサーリンク

キャンディは陸上競技のスター選手!

キャンディさんは実はフロリダ州立大学の陸上競技のスター選手でした!高校時代に陸上7種競技で州記録を出して優勝した経験もあるとか!

”明日のウィンブルドンのセンターコートでは15歳のガウフがヴィーナス・ウィリアムズと戦う。ガウフはヘプタスロンで活躍したキャンディ・オドムの娘だ!”(フロリダ州立大学)

ヘプタスロンとは陸上競技7種の合計得点で競う競技です。

  • 100mハードル
  • 走高跳
  • 砲丸投げ
  • 200m
  • 走り幅跳び
  • やり投げ
  • 800m

これを二日間にわたって行います。キャンディさんは1991年に出した4,911という合計スコアが、フロリダ州立大学の150年以上の歴史の中でいまだに7位とされています。

30年近く経った今でも記録を保持しているのがすごいですね!

勝負への強いこだわり

ガウフ選手の母・キャンディさんの大学時代のコーチは、「キャンディは非常にバランスのとれた選手だった。彼女は素質がある最高のアスリートであったと話しています。

ガウフ選手のウィンブルドン勝利の映像を見て、コーチはキャンディさんにみたアスリートの素質を思い出したそうです。

“すべては競技への愛。だから何をしようとしていたとしても、その中で挑戦しベストを尽くす。ただ相手と競うことが好きなの” (キャンディ・ガウフ)

引用:heavy.

競技に強いこだわりがあるキャンディさん。テニスで活躍するガウフ選手には、母親譲りのアスリートとしての才能と勝負にこだわる姿勢があるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

現在は娘・ガウフ選手の家庭教師

キャンディさんは大学を卒業後、教師として働きました。学生のころは代数学が得意だったというキャンディさんは、数学の教師だったのかもしれません。

現在は引退していますが、娘のガウフ選手の教育係をしています。家庭教師として毎日厳しい練習をするガウフ選手の学習サポートをしています。

ウィンブルドン大会中もガウフ選手に科学のテストを受けさせるなど熱心な教育ママなのでしょうね。ちなみに結果は合格点のB判定だったそうです。

スポンサーリンク