ラグビー松島幸太朗はハーフ!国籍は日本?両親の出身や生い立ちは?

ラグビー日本代表として活躍する松島幸太朗選手。身体能力が高いことなどから、「松島幸太郎ってハーフなの?」と気になりますね!

松島幸太朗選手はジンバブエ出身の父日本人の母を持つハーフです。

松島選手の国籍やご両親の出身、生い立ちエピソードをまとめました。

スポンサーリンク

松島幸太朗はハーフ!両親の出身は?

松島幸太朗選手は、父親がジンバブエ出身母親が日本出身のハーフです。

ジンバブエはアフリカ大陸の南に位置し、南アフリカ共和国の北に位置する国です。

ジンバブエ

松島選手のは、南アフリカ共和国を拠点として活動していたジャーナリスト

は元々NGOの研究員として、南アフリカの人種隔離政策(アパルトヘイト)問題に携わっていました。

そして両親が出会い結婚、松島選手が一人息子として南アフリカの首都プレトリアで生まれました

松島選手の身体能力はジンバブエ出身の父親譲りなのでしょうね!

松島幸太朗の国籍は日本

ジンバブエ出身の父と、日本出身の母を持つ松島幸太朗選手の国籍はどこかというと、『日本』です。

5歳の時に日本国籍を取得し、6歳で母と東京に移住しました。

ジャーナリストの父はとても忙しく、海外を飛び回っている生活でした。なので松島選手を育てるのにも、母親の母国である日本が良かったのだと思います。

松島幸太朗がラグビーを始めるきっかけは父

松島幸太朗選手は小学生時代、ラグビーではなくサッカーをしていました。小学生の時の将来の夢はプロサッカー選手と卒業文集に書いています。

松島幸太朗選手の小学生時代の写真です。すでにスポーツ選手といった雰囲気がありますね!

松島幸太朗

しかし中学に入ると、バレーボール部に入部。サッカー部の練習場が遠く、ほかの部活で「一番楽そう」という適当な理由でした。

中学生という多感な時期ですので、面倒くさいという気持ちはすごくわかりますね。

そんな松島選手の姿を見た父が、松島選手を南アフリカに留学させることにしました。

松島幸太郎 父

この留学が松島選手がラグビーを本格的に始めるきっかけになったのです。

松島選手が留学したところはいわゆる田舎でしたが、スポーツをするにはうってつけでした。

先生の勧めでラグビーをはじめた松島選手は、ラグビーに『相手を抜き去る楽しさ』を見つけ、競技にのめり込んでいきました。

松島幸太朗

松島選手の相手を抜き去るスピードは小さい頃からのものだったのですね!

この留学期間が一番、松島選手が多忙な父と過ごすことができた時間でした。松島幸太朗選手の父は松島選手が高校3年生になる直前に亡くなられています。

スポンサーリンク

松島幸太朗の母の支えでラグビーを続ける

松島幸太朗選手の父が亡くなったとき、松島選手は2日間ほど閉じこもってしまったそうです。

そんな時、背中を押してくれたのがでした。

松島幸太朗

ちょうど高校日本代表の合宿がある時期で、一時は辞退させることも考えたというが、「行かせてください」という母・多恵子さんの後押しを受け、海外遠征にも参加した。

引用:FRIDAY DIGITAL

ラグビーに向き合い、海外でプレーしたいと思ったのもこの頃。松島幸太郎選手にとって転機となったとき母の支えがあったのですね^^

松島幸太朗選手の母は、現在は日本で社会福祉士をされています。

五郎丸の現在が気になる!

【まとめ】松島幸太朗の活躍は両親の支え

松島幸太郎

松島幸太朗選手はジンバブエ出身の父と、日本出身の母を持つハーフであることをみてきました。

松島幸太朗選手の身体能力やラグビーをするきっかけは父親から、悩んだ時の支えとなったのは母だったようですね。

松島幸太朗選手の活躍を亡くなったお父さんも見ていることと思います。

これからも相手を抜き去ってトライを决める姿を見せてほしいですね!

スポンサーリンク