バレー西田有志は海星高校出身!成績や大学進学しなかった理由は?

バレーボールの日本代表で若干19歳ながら大活躍をみせる西田有志(にしだゆうじ)選手。突然現れた超新星に多くのひとが驚いたのではないでしょうか。

西田有志選手は、高卒でVリーグ史上最年少デビューを果たした過去最高の選手といわれています。

そんな西田有志選手ですが、高校の時はバレーボールで思うような活躍ができなかったようです。

三重県の海星高校出身、バレー西田有志選手の高校時代の成績エピソード、そしてなぜ大学進学をしなかったのかについてまとめました。

スポンサーリンク

バレー西田有志プロフィール

西田有志

  • 名前   :西田有志 (にしだ ゆうじ)
  • 出身   :三重県いなべ市
  • 生年月日 :2000年1月30日
  • 身長   :187㎝
  • 体重   :80㎏
  • 最高到達点:344㎝
  • 趣味   :映画鑑賞、ショッピング
  • 所属   :ジェイテクトSTINGS

西田有志選手は、兄姉の影響で5歳のときからバレーボールをはじめました。

2018年1月に17歳でVリーグ史上最年少デビュー1試合で32得点をあげるなど高校生離れした活躍をみせました。

3月に海星高校を卒業後、愛知県のジェイテクトSTINGSに入団

同時期に日本代表に抜擢され、2018年にイタリアで行われた世界選手権では地元イタリアのメディアが『石川祐希選手』『柳田将洋選手』を抑え「最注目選手」にあげました。

石川祐希柳田将洋

「注目選手は、最も若い2000年生まれのユウジ・ニシダである」「オポジットのニシダは日本国内リーグに光をもたらし、衝撃をも与えたのである」

引用:THE ANSWER

日本代表として今最も注目を集める選手といっていいでしょうね^^

柳田将洋がスタメンで出ないのは怪我!具合は?

西田有志の出身校・海星高校はバレー部が強くなかった

西田有志選手は中学を卒業後、地元の海星高校に進学します。

西田有志

「もともと大西先生のところでやっていたっていうのもありますし、なぜか(強豪校に)行こうと思わなかったんですよね。むしろ、男子校ってのも良かったんだと思います。ブレることがない。というかブレれないしね(笑)。」

引用:独占インタビュー西田有志

中学で、海星高校のバレー部の指導者である大西正展先生率いるチーム「NFOオーシャンスターバレーボールクラブ」に所属

その縁もあって、憧れの石川祐希の母校である愛知の星城高校などの強豪校からの誘いを蹴って、海星高校に進学しました。

実は海星高校はそれまで県の新人戦や春季大会県総体でも創部以来優勝がありませんでした。

西田有志

「強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので」

引用:Number Web

漫画の主人公を思わせる、熱いプレーが持ち味の西田選手らしい理由ですね!

スポンサーリンク

西田有志が海星高校キャプテンになり初優勝

それまで海星高校バレー部県大会での優勝がありませんでした。

おなじ三重県の松坂工業高校の壁は厚く、西田有志選手が高校2年生の時の新人大会や春季大会、県総体でも海星高校は準優勝でした。

しかし2016年11月に西田選手がキャプテンに就任すると、2017年2月の県新人大会で創部初の県大会優勝を飾りました!

その後も4月の春季大会、5月の県総体でも初優勝!7月に行われた全国総体に初出場でベスト16入りし、西田選手は優秀選手に選ばれました。

キャプテンとして引っ張っての初優勝はとてもうれしかったと思います^^

西田有志

ちなみに西田選手は高校の修学旅行でもビーチでバレーをしています。

バレーが大好きなのですね!こんなノリも男子校ならではかもしれませんw

しかし11月に行われた高校選手権では松坂工業に敗れ春高を逃してしまいます。

西田有志選手は春高バレーに出場したことがない選手なのです。日本代表では珍しいかもしれませんね。

でもこの春高バレーを逃したことが転機となりました。

スポンサーリンク

バレー西田有志が大学進学しなかった理由

西田有志選手は高校卒業後ジェイテクトSTINGSに入団しました。同じ日本代表で西田有志選手の憧れでもある石川祐希選手は、中央大学に進学しています。

なぜ西田有志選手は大学進学をしなかったのでしょうか?

高校2年の夏に出場した東海大会でチームの方に声をかけていただいて。その時点で、7割くらいは『もう大学はいいや』みたいな感じになっていました(笑)

引用:Sportiva

高校2年のころから大学ではなくプロを意識していたのですね!

西田有志

西田選手のお兄さんがジェイテクトで働いていて、チームの事を教えてくれたそうです。

大学に行ってからVリーグというのは、自分の中では遠回りというか……、やっぱりジェイテクトに声をかけていただいて、挑戦するチャンスをいただいたからには、チャレンジしてみるべきだと思いました。

引用:Number Web

小さい頃からVリーグを夢に抱いていた西田選手にとって、大学進学は遠回り。

春高バレーを逃したことが同時期に行われたVリーグ出場の機会を得ることになり、史上最年少デビューを果たすことになりました。

悔しい気持ちをばねに、さらにチャレンジしたい気持ちが西田選手の大きな飛躍につながったのですね!

西田選手も石川祐希と同じネックレスを愛用!

【まとめ】西田有志の転機は高校の春高バレー

バレーボール西田有志選手の高校時代についてみてきました。

高校時代に全国大会出場など、思うような成績を残せなかった西田選手。しかし春高バレー出場をのがしたことが転機であったと話しています。

西田有志

もしあのとき勝っていれば、今の自分はいない全国大会に出場していれば今の勢いはないと思う。そこで負けたことで、その代わりに出た大会での好結果があって、現在に繋がっていますから。

引用:独占インタビュー西田有志

今後日本代表を背負う選手となるのは間違いないでしょう。これからも海外リーグなど、チャレンジし続けてほしいですね!

スポンサーリンク