ラグビー日本代表に外国人がなる条件や資格は?国籍は関係ない?

ラグビー日本代表の活躍でいっきに話題の人気スポーツとなりましたね!

しかしラグビー日本代表は半数が外国人と多いです。なので、ふとした時に「あれ?なんで日本代表なのに外国人選手がいるの?」と思います。

気になるルールを調べてみると、条件をクリアすればラグビーの日本代表資格がえられるルールがありました。

また外国人選手がいるのは日本代表だけでなく海外のチームも同じ。外国人ラグビー選手が国籍に対して葛藤を抱いていることなどもみえてきました。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表の外国人選手

ラグビーワールドカップ日本大会における日本代表31名のうち、半数の15名が外国出身選手でした。

キャプテンを務めるリーチマイケルニュージーランド出身の外国人選手です。

ラグビー日本代表

日本代表は他にもトンガ、南アフリカ、サモア、オーストラリア、韓国、そして日本の7か国からの選手がいます。

なぜ外国人選手が多いのかという疑問もあるでしょうし、それに対する批判も少なくありません。

日本国籍無いのに代表になれるスポーツなんか、応援する気も起きん

半分も外国人なのに日本代表って違和感ありすぎ

勝つためなら全員外人引っ張って来いよ。どうせ勝てないんだから全員日本人でやればいい

日本を「内(うち)」としそのほかの国を「外の国」として、自分の国籍に対して重要な意味を持たせている人が多いのが日本という国かもしれません。

日本代表と言っているにも関わらず、外の国から来た外国人がいることに強い違和感を覚えてしまうのでしょう。

だからこそ、批判を浴びても日本代表になった選手たちに関心を持たずにいられませんね

スポンサーリンク

外国人が日本代表になる為の資格や条件

外国人選手が日本代表になる為の資格や条件は、どんなものがあるのでしょうか?すべての外国人選手が日本国籍を取得してプレーしているのでしょうか?

ラグビーにおける代表の意味

ラグビーにおける代表の意味は他のスポーツと少し違います。

多くのスポーツでは、その国の国籍を持つ選手が国の代表になりますね。

例えば、卓球。世界ランキングを見ると上位はほとんどが中国選手です。しかし国際大会に出場できるのは、その国の上位4名ほど。

つまりトップ10にはいる選手でも、中国の代表として国際大会に出場すらできない選手もいます。

なので、中国から出てドイツなどの国籍を取得して大会にでる選手もいます。国籍が、その国の代表として国際大会に出場する最低条件だからですね。

ラグビー日本代表

一方ラグビーの場合、その国のラグビー協会の代表という考え方があります。

日本のラグビー協会に属する日本のチーム、例えばサンウルブスなどでプレーしている選手であれば、代表になる可能性があるということです。

野球に置き換えれば、日本のセリーグやパリーグでプレーしている外国人選手も野球日本代表。メジャーリーグでプレーしている大谷翔平はアメリカ代表になる可能性があるということですね。

国籍ではなく、選手が属するチームを統括するラグビー協会がどの国にあるのかが重要ということです。

外国人選手が日本代表になる為の条件

外国人選手が日本代表になる為の条件があります。

まず他の国で代表になったことがない」ことが前提です。他の国で代表となって、違う国の代表となれば内部情報の漏洩などいろいろあるのでしょう。

ラグビー日本代表

そのほかに下の3つのうちから、どれか1つを満たすことで代表資格が与えられます。

  • 日本で生まれる
  • 両親、または祖父母のうち1人が日本出身
  • 3年以上日本に住んでいる(2020年からは5年に変更)

一番多いのは『3年以上日本に住んでいる』という場合です。所属する日本のチームで3年プレーすれば日本代表として選ばれる資格が与えられます。

逆に日本人が海外でプレーする可能性もあります。

松島幸太郎

W杯日本大会で多くのトライを決めた松島幸太郎選手も、父が南アフリカ出身でU20南アフリカ代表候補にも選ばれました。

日本人選手が強さを見せれば、最強のオールブラックスに代表として選ばれることもあるかもしれませんね!

松島幸太朗選手の両親について気になる!

外国人がいるのは日本代表だけではない

外国人選手がいるのは日本だけかというと、そうではありません。

2011年のW杯の時は日本代表の外国出身選手は10人でした。それはサモア、アメリカ、イタリアに続いて4番目の多さでした。

なので選手がほかのラグビーが盛んな国のリーグでプレーし、そのまま代表となることは珍しいことではないのです。

大谷翔平がメジャーに挑戦したのと変わらないのでしょう^^

スポンサーリンク

外国人ラグビー選手の国籍への葛藤

外国人選手が日本の代表となることに葛藤もあるかもしれません。

W杯でも日本はサモアと予選リーグで対戦しました。その試合でサモア出身の日本代表選手がトライを決めていました。

日本代表となって母国と戦う気持ちはどんなものだったのか想像できませんね。辛くもあり、代表として戦う責任もあったと思います。

ラグビー日本代表

また具智元(グ・ジウォン)選手は、ラグビーが国内に実業団のチームが3つしかない韓国の出身。具選手はより高いレベルや環境でラグビーをプレーするために、日本でプレーすることを選びました。

選手一人ひとりに母国があるにも関わらず、日本代表としてプレーする彼らは今後、自分の国の代表になることはできません。

ラグビー日本代表をけん引した五郎丸選手もこう話しています。

彼らの母国の代表権を捨てる葛藤を汲んで、これからも応援したいですね。

五郎丸がラグビー日本代表にいない!その理由は?

【まとめ】外国人が日本代表になる意味の理解が大切

ラグビーにおける外国人選手が日本代表に多い理由をまとめてきました。

  • 日本代表になる条件は国籍取得のほかにもある
  • 他国の選手が代表としてプレーするのは珍しくない
  • 一度代表になれば他の国で代表になれない

ラグビーが話題になると外国人選手が多いことに批判が毎回のようにあるようです。

しかし、ラグビーというスポーツの特徴や母国の代表を脇に置いてまで、日本代表として戦う決意を持った選手たちを理解することが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク