時任三郎の手の震えは病気?演技?今後のドラマの展開に注目!

2019年春のドラマ「インハンド」や2019年夏のドラマ「監察医朝顔」時任三郎の手が震えているとの情報をキャッチしました。

手の震えはパーキンソン病の典型的な特徴ですので、心配になります

時任三郎の手の震えは病気なのか?それともドラマの役としての演技なのか?ドラマの展開に重要となるところかもしれませんので、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時任三郎の手の震えが気になる

2019年春のドラマ、インハンドでは見ている視聴者が心配になるシーンがありました。ドラマのシーズン後半で時任三郎の手が震えていたのです。

2019年夏のドラマ、監察医朝顔でも1話から時任三郎の手が震えたシーンがありました。時任三郎の演じる主人公の父が、上野樹里演じる娘と母の実家を訪れようと家で準備するシーンです。

時任三郎の手の震えはさまざまなシーンで見られるようです。

スポンサーリンク

時任三郎の手の震えは病気?演技?

インハンドでの時任三郎の手の震えは病気ではなく演技だったことが判明しています。

インハンドでは最終話で時任三郎演じる福山和成は亡くなってしまいます。病気によって衰弱していく役を表現するために手の震えまで再現していました。

病気のために亡くなってしまう役をリアルに演じていたんですね!

ただ、2018年春に配信がスタートしたAmazonオリジナルドラマ「しろときいろ」では同じように病気のために亡くなってしまう主人公の父を演じています。

しろときいろでは亡くなるまえに手が震えるなどの演技はされていません。となると手の震えを演技として入れたのは最近の事のようですね。

合わせて読みたい

時任三郎の手の震えが演技ならドラマの展開に注目!

時任三郎の手の震えが演技であるならば、ドラマの展開がとても気になるところです。病気になってしまう、もしくは亡くなってしまうというフラグになります。

ただもし、今放送中の監察医朝顔で病気もなく最後まで元気な役であるならば、手の震えは病気の可能性が再浮上します。

今後のドラマの展開と時任三郎の手に注目です!

スポンサーリンク