バレーにジャニーズいらないは本当?いないと大赤字!今後は他国開催?

「バレーにジャニーズはいらない」という声が毎年の世界大会の開催と共に聞かれますね。なぜジャニーズに批判が来るのでしょうか?

  • ジャニーズが起用されるようになった経緯
  • バレーにジャニーズはいらないといわれている理由
  • ジャニーズがいなくなったらどうなる?

などから「本当にバレーにジャニーズはいらないの?」という疑問を見ていきたいと思います。 

スポンサーリンク

バレー世界大会のジャニーズ起用はいつから?

日本で毎年のようにバレーボールの国際大会が行われています。テレビでも選手たちの躍動感あるプレーを楽んでいる人は多いのではないでしょうか^^

引用:バレーボール世界大会 歴代放送テーマソング

ジャニーズがバレーボールの応援サポーターを務めているのは2つの大会です。

  • フジテレビ系列「ワールドカップバレー」
  • フジテレビ/TBS系列「五輪バレー・世界最終予選」

ジャニーズが応援サポーターを務めるようになったのは1995年V6がきっかけ。V6がもともとワールドカップのイメージキャラクターとして誕生したグループです。

V6バレー

「人気が低迷していたバレーボール協会に、『ジャニーズを使わないか?』と電通側から持ちかけたのが発端のようです。」(広告代理店関係者)

引用:日刊サイゾー

ジャニーズの起用によって人気が低迷していたバレーの試合会場に、ファンが押し寄せ観客数が爆発的に増えました

その後、NEWSなどジャニーズの歴代デビュー組がバレーのサポーターを務めることになり、「バレーの試合にジャニーズ」というイメージがつきました。

「バレーにジャニーズはいらない」の理由は?

バレーにジャニーズがいらないといわれている理由は何なのでしょうか?

テレビの視聴者、実際に会場に足を運んで試合を観戦する人それぞれの側から「バレーにジャニーズはいらない」という声がありました。

バレー オープニング

  • ジャニーズを見るため、コンサート感覚の観客がいる
  • セット間などに注目されるのは選手ではなくジャニーズ
  • ジャニーズ目当てで会場に行ったり中継を見る

などがジャニーズがバレーにいらないといわれている理由のようです。

試合会場でのジャニーズのうちわを振るなどの行為も、選手に失礼と批判があがっていました。

スポンサーリンク

「バレーにジャニーズはいらない」は本当?

では「バレーにジャニーズはいらない」のは本当なのでしょうか?バレーの試合にジャニーズがいなくなった場合どうなるのでしょうか?

ジャニーズがいない2018年のTBS世界バレーは大赤字

ジャニーズがいなかった2018年に行われた世界バレーでは、TBSCMスポンサーが少なく、日本バレーボール協会入場観客が少なく、両社とも赤字になりました。

TBSの支出は国際連盟への放映権料やマーケティング権料などで20億円以上。しかし、企業の広告CM収入が伸び悩み、赤字額は10億円近くに及ぶという。また、日本バレーボール協会も入場料収入が低調で、約6億円の損失が見込まれているという。

引用:Wezzy

一方ジャニーズを起用することで、観客数の増加だけでなくCMスポンサーもつれてきます。

バレーだけに限らず、スポーツ全体にマニアはごく一部他のミーハーのファン層が運営には必要不可欠です。

ジャニーズがいない場合、チケットやグッズ収益CMスポンサーや視聴率など運営に関してはあまりいい数字は見込めないと思われます。

バレーボールに興味を持たせるノウハウが生まれる

ジャニーズがいない場合、協会はバレーボール自体に興味を持ってもらわないといけません。

これまでのジャニーズに頼っていたPRではなく、ジャニーズに頼らないPRなど宣伝のノウハウを蓄積されることが求められます。

バレー自体に興味をもつファンが増える

ジャニーズに頼らない運営は、結果としてバレーボール自体にファンが増えるのではないでしょうか。

バレーボールの面白さ海外選手を含めた選手たちの魅力などをアピールすることが必要になるからです。

ジャニーズがいない場合、

  • チケットが取りやすくなる
  • 静かに観戦できる
  • 他の国の選手も応援できる

などがバレーファンの利点としてあげられると思います。

日本のバレーの試合にはジャニーズとファンの会場が一体となって『日本だけを応援する』という空気があります。場内DJと共に応援の仕方の練習さえします。

バレー 応援

この『日本だけを応援する』という空気が、日本戦以外の試合に興味を失くさせる一因ではないでしょうか。テレビでの試合中も、ほかの国の選手のいいプレーがあったとしても、あまり取り上げられませんね。

ひいては「バレーボール=日本代表チーム」というイメージが出来てしまいます。なので日本の選手一人ひとりにさえファンがつくことが難しくなり、バレーボールという競技自体の関心が『日本戦』のみになってしまいます。

ジャニーズがいないことで、バレーボール自体のファンが足を運びやすくなれば、競技に対する人気を底上げできるかもしれません。

鍋谷選手のゴーグルの理由が知りたい方はこちらもオススメ

バレーが他国開催で「ジャニーズいらない」といわれなくなる?

実はバレーボールの世界大会を日本で開催する流れが変わります

日本での2016年のリオ五輪最終予選で、タイ女子チームのコーチは「これはスポーツではない。日本のショーだ」といったそうです。国内だけでなく、国際的に日本のバレーの現状に批判があります。

タイ バレー監督

また、2018年の世界バレー日本だけでなく、イタリアやブルガリアと共同開催でした。日本では日本戦以外の試合のチケットがさばけないのが問題でした。一方のイタリア3次ラウンドで敗退したあとも観客数は1万人を超えてチケットの売り上げが大きな収益となりました。

国際バレーボール連盟(FIVB)はこれまでTBSが独占放送してきた『世界バレー』開催国を2022年以降は競争入札制に変更します。

すでに中国タイなどバレーボール人気がある国が名乗りを上げています。

日本開催に批判的な意見や他国どうしの試合に注目が無くなれば、運営も危うくなります。バレーボール世界大会が他国開催になれば、そもそものジャニーズがいないので「ジャニーズはいらない」という批判も無くなるでしょう。

スポンサーリンク

【まとめ】「ジャニーズはいらない」はバレー不人気が原因

「バレーにジャニーズはいらない」という疑問を深堀してみました。

  • バレーの試合にコンサート感覚のファンへの批判がある
  • ジャニーズがバレーの人気低迷の時の起爆剤だった
  • 現在もバレー不人気によるジャニーズ頼り

バレーボールの不人気によって、ジャニーズに頼らざるを得ないのが現状です。Twitterでも問題視されていました。

ジャニーズを呼ばないと、興味持ってもらえないスポーツにしてしまったのは、日本だけじゃなくバレー界全体の責任だよな。

バレーはそろそろジャニーズとお別れして現実見ないと、いつまで経ってもバレーに興味持ってもらうノウハウが貯まらないよ。

せっかくバレーで1勝決めたのにジャニーズWEST絡みのツイートばっかだな・・・バレー今人気ないんかなやっぱ。

現状ではジャニーズは運営に必要。ただし、これからはバレーボール自体の人気を高める努力が協会に必要だと思います。

スポンサーリンク