渡邊雄太の母親は日本代表の元主将!父と姉も元バスケ選手!

こんにちは!

バスケ日本代表で現役NBA選手として活躍する渡邊雄太選手!

今回はその渡邊雄太選手の家族について調べてみました。すると父親、母親、姉まで元バスケ選手のバスケ一家だったことがわかりました!経歴もすごかったのでご紹介していきます^^

スポンサーリンク

NBA渡邊雄太選手とは?

プロフィール
  • 生年月日  :1994年10月13日(24歳)
  • 出身地   :横浜市生まれ香川県育ち
  • 身長・体重 :206㎝・93㎏
  • 家族構成  :父・母・姉
  • バスケを始めたきっかけ:母・久美さんの影響
経歴
  • 小1からバスケ始める
  • 中2で県センバツ
  • 尽誠学園高等学校で1年からスターターで全国大会出場
  • ウィンターカップ2011,2012二年連続で準優勝
  • セント・トーマス・モア・スクール(大学入学準備のための学校)
  • スポーツ奨学生としてジョージワシントン大学入学
  • NBAチームのブルックリン・ネッツに所属
  • メンフィス・グリズリーズと契約(2018年推定年俸3,200万)

2018年メンフィス・グリズリーズで田臥勇太さんに続いて日本人で二人目のNBA選手となった渡邊選手。母がコーチを務める三木スポーツ少年団に所属したことがきっかけでバスケを始めました。

父親仕込みのシューティング

渡邊雄太 父 母

渡邊選手の父・英幸さんは身長190㎝と渡邊選手と同じく長身です!社会人バスケットボールチームの熊谷組ブルーインズの元選手です。チームは1994年から休部しているものの、日本リーグ1990年、92年の2度優勝、天皇杯1992年優勝と強豪チームでした。現在60歳である英幸さんは当時チームの中心選手の一人だったと思われます

父を見てフォームまねた2歳

渡邊選手は香川に引っ越す前の横浜にいた2歳のときから、父・英幸さんが誘うと「行く行く!」といって一緒に長距離を走っていたそうです。

そして同じ頃に、家の小さなリングにボールをシュートをしたそうです。フォームを教えたことはなかったそうですが、きれいなフォームだったそうです。

様になっていてびっくりしました。シュートを教えたことはなかったので、ああ、子どもって親を見ているんだな、僕のシュートフォームをしっかり見ていたんだなと思った瞬間でした。

一家の夢かなう渡辺雄太NBA出場/父英幸さん手記

親の背中をみて子供は真似をするとよく言ったものですね!まさかその子供がNBAの選手になるとは夢にも思わなかったのではないでしょうか。親としてこんなにうれしいことはないのでしょうね^^

スポンサーリンク

4時間に及ぶ1000本シュート練習

そんな父・英幸さんは渡邊選手の毎日の特訓相手でした。「NBA選手になりたい!」との渡邊選手の夢のために、英幸さんは厳しい練習を共にしていました。

練習を休んだことはなく、最高1000本のシュートを入れるまでフリースローの練習をし、最高で4時間もかかったことがあったそうです!

「『とにかくフリースローは落とさないように。90%入れて当たり前だぞ。』と何度も言いました。『渡邊にフリースロー打たれたら2点取られる。』と思われる選手になってほしい」

一家の夢かなう渡辺雄太NBA出場/父英幸さん手記

そんな練習もあってか、渡邊選手のNBAの初得点はフリースローでした!大きな一歩がこれまで練習してきたフリースローだったのは運命だったのでしょう^^

元日本代表主将の母・久美さんとは?

母の久美さんも身長が177㎝と長身で、元バスケ選手でした。日本リーグのシャンソン化粧品に所属し、1985-86年のリーグMVPを獲得しています。日本代表主将をつとめ1983年の世界選手権にも出場しているトップクラスの実力者でした!

三木スポーツ少年団のコーチを務め、渡邊選手のバスケを始めるきっかけとなった久美さん。毎朝5時に起きて父の英幸さんと練習をする渡邊選手をまるで(漫画「巨人の星」の主人公)星飛雄馬の世界ですよね」と見守っていたそうです。

スポンサーリンク

渡邊選手の渡米に最初は反対した

「アメリカ行きたい」と渡邊選手はまず母である久美さんに話しました。それまで渡邊選手を支えてきた久美さんですが、最初は高校卒業後のNBA挑戦に「英語も話せないのに」と反対でした。

それでも田臥勇太からの後押しを受けて、応援することに。勉強嫌いだった渡邊選手に「勉強で落第するなら帰ってくるな」と厳しい条件を出して、英語を勉強させました。「一言一句辞書で調べて勉強した」とインタビューで話す渡邊選手。バスケも学業も両立させた渡邊選手だからこそNBAへの道を手にできたのでしょう!

姉・夕貴さんも実業団選手として活躍

渡邊夕貴

姉の夕貴さんは渡邊選手の2つ年上の現在26歳。身長も170㎝とやはり長身です!

小学生のときにバスケを始め、中学生では県選抜としてベスト8。強豪の桜花学園高校に進学してウィンターカップベスト8になりました。

社会人チームアイシン・エィ・ダブリュウィングスに所属した選手で、現在は引退しています。

渡邊雄太選手と同じ時期に選手として活躍した夕貴さんは、渡邊雄太選手にとって一番身近な選手だったのではないでしょうか。時には負けられない思いを抱いたライバルのような存在だったかもしれませんね^^

まとめ

渡邊雄太選手のバスケ家族について紹介しました。バスケを始めるきっかけになった母、背中をみて一緒に努力した父、選手として一緒に努力した姉の存在は渡邊雄太選手にとって大きかったことと思います。

家族に支えられてきた渡邊雄太選手。これからの活躍がますます楽しみになりますね!

スポンサーリンク