吉幾三のラップ「TSUGARU」の歌詞の意味は?津軽弁の通訳が必要?

吉幾三さんの新曲「TSUGARU」が2019年9月12日にリリースしました。

しかし、歌詞が意味不明と話題です!

全ての歌詞が津軽弁で歌われているため、津軽の言葉を理解できない他県民から「通訳や翻訳をお願いします!」との声が多くありました。

吉幾三さんの「TSUGARU」の歌詞と意味をしらべてまとめてみたいと思います。

また吉幾三さんがなぜ全て津軽弁の曲「TSUGARU」を制作したのかもコメントがありました。

スポンサーリンク

吉幾三の「TSUGARU」の歌詞が意味不明で通訳翻訳が必要?

吉幾三さんの新曲・津軽弁ラップの「TSUGARU」がリリース。

同時にPVも配信されました。

冒頭から津軽弁で溢れていますw

サビの部分は理解しやすい言語ですね。ただ、ほかの所の意味が不明。

全体的に何を言っているのか分からない印象で、通訳や翻訳が欲しいと、皆さんも同じような感想を持ったようでした^^;

一部では「わかる!」との声もありました。津軽で過ごした経験が、理解できるかできないかの分かれ道なのかもしれません…

吉幾三の「TSUGARU」の歌詞の意味は?

吉幾三さんの新曲「TSUGARU」の歌詞と、意味は何なのでしょうか?

少しづつ、意味を訳していきたいと思います。

吉幾三「TSUGARU」歌詞 1番 Aメロ

おめだの爺(じ)コ婆々(ばば) どしてらば?
お前のとこのおじいちゃんとおばあちゃんはどうしてる?>

俺(おら)えの爺(じ)コ婆々(ばば) 去年死んだネ
<俺のじいちゃんとばあちゃんは去年死んだわ>

おめだの兄(あに)さま どしてらば?
<お前の長男はどうしてる?>

俺(おら)えの兄(あに)さま 知らねじゃ私(わ)!
俺の長男は何してるか俺にはわからん!

東京(かみ)さ行ったって 聞いたばって
東京に行ったって聞いたんだけど

東京(かみ)のどのどさ 行ったがや?
東京のどこに行ったんだか?

さっぱど分(わ)がねじゃ! 俺(おい)の兄!
全然わからん!うちの長男は!

バカコでバカコで しかたねね!
<ほんとにバカで仕方ないんだ!

吉幾三「TSUGARU」歌詞 1番 Bメロ

おめだの姉(あね)さま どしてらば?
お前の長女はどうしてる?

俺(おら)えの姉(あね)さま アメリカさ!
<俺の長女はアメリカに行ったよ!

嫁コさなったって 何年たてば?
嫁さんにいって何年たっても

戻ってこねねろ バカコだね
<地元に戻ってこないんだ バカ娘だ

わらしコ出来だって 聞いだばて
子供ができたって聞いたんだけど

男(おどこ)わらしな! 女子(おなご)だな!
男の子か?女の子か?

祝いの 銭(じぇん)コも 包まねで
お祝いのお金も包まないし

ホントに迷惑(めわぐ)ば かけでらじゃー
本当に迷惑ばかりかけてるよ

吉幾三「TSUGARU」歌詞 1番 サビ

喋れば 喋たって 喋られる
<喋れば「おしゃべり」といわれるし>

喋ねば 喋ねって 喋られる
<喋らないと「喋れ」といわれる>

喋れば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

喋ねば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

春夏秋冬 知ってっか!
春夏秋冬知ってるか

花咲き 佞武多に 紅葉と
<春の花崎温泉 夏のねぷたに 秋の紅葉

雪降る 厳しい 四季感じ
<冬は雪が降り厳しいを四季感じながら

生きてる事を 知ってっか?
生きてることを知ってるか?

Hey Hey Hey…

津軽の言葉を なめんじゃねェ!!
津軽の言葉を舐めんじゃねぇ!!!

~~~間奏~~~

吉幾三「TSUGARU」歌詞 2番 Aメロ

なんぼでも降るだね 夕(ゆ)べながら
いくらでも降るなぁ 昨夜から

どこさも行けねじゃ こいだばや
どこにも行けないな これじゃあ

スベっておけたネ あの橋で
すべってころんだよ あの橋で

おどげ欄干 ぶつけたネ
あごを欄干にぶつけたよ

なじきどどんじさ イボ出来て
おでことお尻にイボができて

今から行ぐだネ 医者コサな
今から行くんだ お医者さんに

何だか知らねじゃ 夕(ゆ)べながら
なんかわかんないけど、昨夜から

痛(いだ)くてまねはで 行て来るじゃ
痛くてしょうがないから行ってくる

吉幾三「TSUGARU」歌詞 2番 Bメロ

よろたとひじゃかぶ おたてまて
<太ももと膝も調子悪いから

そごらも医者コさ 診(み)でもらて
そこもお医者さんに見てもらって

湯コさも入って来るだネ 今日
温泉にも入ってくるよ 今日

晩(ばん)げには戻るネ 家(え)さ来(こ)なさ
<夕方には戻るけど、うちに来て>

もやしとネギへだ モツ喰(く)べし
もやしとネギ入れたモツ鍋でも食おう

一杯(いっぺぃ)やるべし 今夜(こんにゃ) 今夜(こんにゃ)!
一杯やろうぜ今夜今夜!

あぱだきゃ居ねね 誰(だ)も居ねね
<かみさんも誰もいない

電話コかげるネ 戻ればなー
電話でよぶわ 戻ったら

吉幾三「TSUGARU」歌詞 2番 サビ

喋れば 喋たって 喋られる
<喋れば「おしゃべり」といわれるし>

喋ねば 喋ねって 喋られる
<喋らないと「喋れ」といわれる>

喋れば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

喋ねば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

今なら会えるし 帰んなヨ
今なら会えるし 帰りなよ

季節は自然に 待っている
自然や季節は お前を待っている

何年 ふるさと 背を向ける
<あと何年、自分のふるさとに背を向けるんだ

そのうち絶対 バチあたる
そのうち絶対バチが当たるぞ

Hey Hey Hey…

生まれた津軽を なめんじゃねェ!!
生まれた津軽を舐めんじゃねぇ!!

~~~間奏~~~

吉幾三「TSUGARU」歌詞 Cメロ

青森 弘前 五所川原

八戸 むつ(陸奥)に 鰺ヶ沢

喰うもの美味(めべ)し 酒コまだ
食べるの美味しいし お酒も美味い

三方海コさ 囲(かご)まれて
<土地の三方を海に囲まれ

そいでも出でゆぐ 馬鹿コ居る
それでも出て行く バカな子供がいる

戻って来ねねろ わらはんど
戻ってこない 子供たち

帰ればお土産 もだへでや
帰るときはお土産持って帰るけど

来る時毎日 喰った事ねェ
来たときは毎回 食べたことない

菓子だきゃ要らねじゃ 銭(じぇん)コけれじゃ
お菓子はいない 東京で稼いだお金をくれ

田畑 山林 どしたばや
田んぼや畑 山林は どうするんだ

死んだら売るだべ 何(な)もやねじゃ
死んだら売るんだろ 何もやらんぞ

100まで生きるだ! 何(な)もやねじゃ
100まで生きるんだ! 何もやらんぞ

化げて出てやる 死んでから
化けて出てやる 死んだら

枕元(まくらもど)さ 立ってやる
枕元に立ってやる

覚えておがなが このわらし
覚えておけよ この小僧

お前(め)だち年とりゃ 同じだネー
お前らも年取れば一緒なんだからな

吉幾三「TSUGARU」歌詞 ラストサビ

喋れば 喋たって 喋られる
<喋れば「おしゃべり」といわれるし>

喋ねば 喋ねって 喋られる
<喋らないと「喋れ」といわれる>

喋れば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

喋ねば いいのが 悪いのか
<喋ればいいのか悪いのか>

幸せなんだと 思うなら
幸せってなんだと思うなら

産んだ両親 会いに来な
産んだ両親に会いに行け

何回 あんたも 顔見れる
<いつでもあんたも両親の顔がみれる

19や20才(はたち)の ガキじゃねェ
1920才のガキじゃねぇ

Hey Hey Hey…

青森全部を なめんじゃねェ!!
青森全部舐めんじゃねぇ!!

スポンサーリンク

吉幾三の「TSUGARU」は地元の津軽を思う気持ちで作曲

なぜ吉幾三さんは津軽弁の新曲「TSUGARU」を作曲したのでしょうか?

制作の裏側を動画でコメントしていました。

曲全体のメッセージは「たまには両親に顔見せに田舎に戻ってこい」というものでした。

そして「津軽の昔からの言葉を残してあげたい」という思いがあると吉幾三さんは話しています。

津軽独特の文化、津軽弁が無くなっていく地元を思う気持ちがこの曲に繋がったのですね。

スポンサーリンク